Structure 誌に研究成果発表 : Featured Article

腸管出血性大腸菌が保有するアミノアシルtRNAを標的とする毒素蛋白質Ata-Tとそのインヒビター蛋白質Ata-Rの複合体の構造を決定し、AtaRによるAtaTの活性抑制の分子基盤を明らかにしました。Structure誌のFeatured Articleに選ばれました。 “Crystal structure of the enterohemorrhagic Escherichia coli AtaT-AtaR toxin-antitoxin complex” Structure, doi: 10.1016/j.str.2018.11.005, 2019